保守契約を確認

コピー機中古のコピー機を導入する際には保守契約に気をつけてください。保守契約というのは基本的にどのコピー機でも結ぶことができます。ただし、これは新品の場合です。中古の場合は年式が古いと保守契約の対象外となる可能性があります。また、メーカーによっては保守契約を中古で結べないというケースもあるのです。

保守契約は修理のために必要な部品が供給できなければいけません。これは販売終了してから7年間で終わってしまいます。もしもう部品がない状態であれば保守契約は結べないのです。保守サービスを受けることができないと万が一壊れてしまったときに対応できなくなってしまいます。ただでさえ中古のコピー機というのは故障のリスクが高いのです。そのため、保守契約は絶対に重視しましょう。あまりにも古すぎるコピー機を導入するべきではないのです。

保守契約ではトラブル時に修理してくれるだけではなくて、定期的にメンテナンスをしてもらうこともできます。とても便利なものです。これによって、中古であっても安心してコピー機を利用することができるのです。コピー機というのは一般的に修理の頻度が多いものです。特に業務用になるとなおさら修理の機会が増えるでしょう。そのため保守契約は必須といえます。